ゆめ乃助&ベルの日記

我が家のワンコたちとの暮らしぶり~様々な出会いなどいろいろです

9月18日台風一過の晴天の朝

奥多摩地方は昨日からの台風の影響はまったくなくいつの間にか通過した模様
晴天に恵まれたご近所の風景はこんなです
部屋の外の景色本日は日の光を受けた長屋門
IMGP0001_400.jpg

万世橋の周囲も朝の日差しを受けている
IMGP0002_400.jpg

橋の手前の畑には秋の味覚柿が実っている~色もつき始めている
IMGP0004_400.jpg

橋の向こうには、日の光を受けて緑の山そして青い秋の空
IMGP0005_400.jpg

渓谷はまだ緑に包まれて秋の風情はまだ先のようです・・・今年も紅葉するかな・?
IMGP0008_400.jpg

最後のこの一枚は我が家の玄関脇に陣取っている柿です
これは、けっこう甘い実になる立派な甘がきです。今年は数が少ないので特別甘い柿になることでしょう。
IMGP0010_400.jpg

本日、使用したカメラは絶滅機種ペンタックスOptioW20(700万画素)ジャンク品として捨てられたいた品物。
UPに使用しているPCこれもジャンク品(BL300/TWinXP)XPですがてきぱきと動いてくれて優秀なOSです。
スポンサーサイト
  1. 2017/09/18(月) 09:23:41|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

9月9日朝のできごと・・・万世橋は大騒ぎ

まる子の朝の散歩へ05:30AM出かけようと玄関を出て異変に気付いた
ご近所の駐車場には警察車両そしてその周辺には消防車両と救急車、車道にも消防車両が2台、こちらは救助隊の乗ってきた車両のようです。

IMG_7741_400.jpg

地元の者が見ればこの光景は何事が起きたかはすぐに理解できる。
何時もと同じ経緯だ、初期行動は明らかに消防隊員の動きは救助活動の始まります。隊員は下へこれから向かいます。

IMG_7743_400.jpg
上の写真は川から帰ってくる隊員、肩を落とし足取りも重く、暗い表情で数人の隊員が帰ってくる。万世橋の近くで暮らしていると何度となく見かける光景だ。橋の高さは落ちたら救助活動の範囲ではすまないほど高い。

IMG_7744_400.jpg
一人の隊員の方が背負っているのは救助者を乗せるボート状のもの、ほかにも折りたたまれた担架のを背負った隊員の方の姿があった。できるものなら、これらの装備で救急車に運びそして救急病院へと思って救助者のもとへ向かったにに違いないだろう。しかし、この装備を使うことなく隊員は装具だけ背負って帰り、救急車は収容者なしでか帰って行った。

IMG_7750_400.jpg
そして、残ったのは警察車両だけだ。
これは、救助及び救命の範囲から離れてしまったと言うことを意味する。

今回の出来事も遠くから見ているだけなので真相は分からないが、今日も、いつもの出来事と同じことが繰り返されのであるならば地元の者として言わせてもらいます。一人飛んだことで消防、警察関係の人数がどれだけ出動してくるか、それはどれだけの迷惑を掛けることになるか飛ぶ前に少しは考えてもらいたい。
地元の者は毎日この橋を渡って駅に向かうのです。
この橋を渡ることが一日の始まりの人が大勢います気持ち良く一日を始めさせてください。邪魔しないで・・・!!
  1. 2017/09/09(土) 10:29:03|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

プロフィール

happyber

Author:happyber
パピヨンのゆめ乃助とバニのベルです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する