ゆめ乃助&ベルの日記

我が家のワンコたちとの暮らしぶり~様々な出会いなどいろいろです

ベルが帰って来た

8月29日の朝
久しぶりに我が家に帰って来ました~まだ元気いっぱいとまでは行きません。
一か月近くもペットホテル住まいでしたので・・・これがベルなの・・・??
仕方がないですね。これからもとに戻していきます。

(この画像は試験的に挿入したものです・・・アニメ画像表示できるんですね)
あっぱれ~!!!fc2 改めて見直しました。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/30(日) 08:04:19|
  2. 未分類

今朝~「紫電改」を見ました

本日8月13日ほ旧盆の入り、終戦記念日も近いということで関連した記事を見ていたところ、紫電改を見ました。そして米軍機の大群の中へ21機で突入、内6名未帰還。展示されている機はそのうちの一機です。機体番号が読み取れないので誰の機だったのかは不明とのことでした。
下の写真は海中より引き上げられて修復が施された紫電改です。
sidenkai6.jpg
sidenkai5.jpg
機種の下には祭壇が設けられて未帰還6名の写真と名前が飾られています
sidenkai10.jpg
祭壇のアップ
mikikan6.jpg
未帰還者6名(みんな笑顔が似合う若者ばかり・・・しばし涙が・・・)
これより下の写真は海中より引き上げられる紫電改
sidenkai1.jpg
sidenkai2.jpg
sidenkai4.jpg
引き上げられて機体は空中戦の末に撃墜された機体とは思えないほど痛みが少ない(着水時の衝撃)。撃墜に至る経緯は、銃弾が操縦席を貫きパイロットは瀕死の重傷を負い着水後に死亡と聞いています。
どんな操縦技術と精神力を兼ね備えて人が操縦していたのでしょうか、それはほとんど意識も薄れるような状況下であっただろうことは想像がつきます。その状況下で民家への墜落を避けて海へと愛機を向け機体がほとんど損傷しないような着水を敢行したようです。
操縦技術そして精神力は桁外れのものを持った人だったと思われます。
戦争は惨すぎる。なぜこんな若者が死ななければいけなかったのでしょうか。
  1. 2009/08/13(木) 10:54:43|
  2. 未分類

プロフィール

happyber

Author:happyber
パピヨンのゆめ乃助とバニのベルです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する